SASAKIの備忘録

日々の出来事や感情を忘れないように・・・

【2020年を振り返る④】授業の在り方・自主学習を促すには・・・

勤め先では,3月~5月まで臨時休校となり,

生徒は自宅学習を余儀なくされました。

この期間の学習保障はどうするかが喫緊の課題であった,あのとき。

 

どのような対応をしたか。

・課題の郵送と返信

・双方向通信による学習

YouTubeを活用した動画教材の配信

であった。

その他,生活の様子を知るために,またストレスを抱えていないか確認するために,

各家庭に1週間に1回は電話もしていました。

 

その中でも一番,難しさを感じたのが,

郵送した課題を生徒がうまく取り組めるようにするには,

どのようにすればいいかということです。

(勤め先の規模が小さいために郵送が可能でありました。)

 

毎週届く5教科の課題。手を付けなければどんどん溜まっていく一方。

やる気が失われます。内容はもちろん1週間で終わるようなものでした。

しかし,自主学習する習慣がない生徒は手を付けないし,

逆に学力の高い生徒は自分のペースで勉強ができていてはかどっている子もいました。

 

緊急事態の際に特に重要なのは連携。悔しいですけど教員だけでは前進しません。

生徒✕保護者✕教員の連携が重要だと再認識しました。

教員はその中で先導すべき存在であるので,

日頃より学校での情報を分かりやすく周囲に伝えるべきだと思いました。

 

双方向通信で学習をしたときに見た,生徒の顔。一生忘れません。

すごく楽しそうで,久しぶりに友達と話すことへの喜び。

あふれでていました。

「学校」という存在がどれだけ生徒の中で大きな割合を締めているのか,

そんな中で自分が働いていることの責任。

 

日々,学び続けて,理想に近づいていきたいと改めて思います。

f:id:s-jny1993:20210107191858j:plain

趣味の自転車。青色のBianchiがお気に入り。春~秋はいろいろなところを走っています。コロナ禍では難しいですが。