SASAKIの備忘録

日々の出来事や感情を忘れないように・・・

学校にZOOMを導入しよう!導入手順とオンラインミーティングについて思うこと

先日,ZOOMを使ったオンライン相談会が職場でありました。


職場で初めてのことだったので,忘れないように書き留めておこうと思います。

これを見て少しでも参考になってくれたらうれしいです。

 

1.準備すること

・ZOOM関連

(1)Google アカウント

(2)ZOOM

・あるといいもの

(1)スピーカー

(2)マイク

2.確認しておくこと

・PC関連

(1)Googleアカウントの使用許可

(2)PCにZOOMをダウンロードしていいかどうか

(3)インターネットの通信環境

・その他

(1)何人で実施するか

(2)誰がホストをするか

(3)有料会員なのかどうか

 

まず,事前準備から。

学校から配布されているGoogleアカウントがあれば,

そちらを使用してログインしていいか,情報管理担当の先生に許可をもらう。

次にPCにZOOMをアプリをダウンロードします。

こちらがZOOMのホームページ。

zoom.us

ZOOMのホームページからログインを済ませます。

f:id:s-jny1993:20210123160302j:plain

「サインアップは無料」をクリックすると,

生年月日を聞かれるので入力。

ログイン画面に出るので,ログインする。

f:id:s-jny1993:20210123160339j:plain

このときにGoogleアカウントが使えます。

 

次にZOOMのアプリのダウンロードです。

「ミーティングを開催する」をクリックすると,

自動的にダウンロードが始まります。

f:id:s-jny1993:20210123160407j:plain

f:id:s-jny1993:20210123160415j:plainダウンロードが終了後は,

スタートメニューにZOOMが追加されているので,

クリックして起動する。

f:id:s-jny1993:20210123160440j:plain

もう一度,ログインする。

f:id:s-jny1993:20210123160455j:plain

f:id:s-jny1993:20210123160508j:plain


こんなことを聞かれるので素直に「開く」を選択。

f:id:s-jny1993:20210123160521j:plain

「開く」をクリック後は,こんな画面に変わります。

f:id:s-jny1993:20210123160602j:plain

「新規ミーティング」をクリックすると,主催(ホスト)になれます。

「参加」をクリックすると,ゲストとして他のミーティングに参加できます。

 

試しに「新規ミーティング」をクリック。

すると,こんなことを聞かれます。

f:id:s-jny1993:20210123160839j:plain

「コンピューターでオーディオに参加」をクリックすると先に進めますが,

「コンピューターオーディオのテスト」をクリックすると

どのスピーカーを使うか,マイクはどうするか,音は聞こえているか,

音の入力はできているかなどをテストすることができます。時間があるときに

やっておくと安心かもしれません。

 

「コンピューターでオーディオに参加」をクリックしたら,

こんな画面になります(ウェブカメラ入れるの忘れてOBSが起動してます・・・)。

f:id:s-jny1993:20210123161133j:plain

他の人を招待するときは,

参加者のアイコンの右上についている「^」マークをクリックして,

招待画面を出します。

f:id:s-jny1993:20210123161543j:plain

これが招待画面になります。

「招待のコピー」をクリックすると,

ミーティングのURLをメールに貼り付けて他の人に伝えることができます。

 

GoogleアカウントとZOOMのアプリさえあれば,

簡単に導入できるので行事などにも活用できそうです。

知り合いから聞いた話ですが,

ZOOMを使ってオンライン交流会をやっているところや

企業をつながって授業を展開しているところなどあるそうです。

 

子どもたちに社会の流れ,世の中での取り組みを伝える上でも,

ZOOMを見せてあげるのも大切だと思います。

 

ちなみに1対1であれば,時間無制限に使えます。

f:id:s-jny1993:20210123162016p:plain

使い方は無限大だと思います。

例えば,オンラインで保護者面談を行うとか,

校外学習先との打ち合わせとか。

小中の交流もできそうですね。

大学の先生の講義を受けてみるとかもできそうです。

進路学習にも一つ取り入れられそうです。

学校の在り方が時代の流れに乗って変化するスピードが速くなりそうです。

子どもたちが社会に出たときにはきっと古いやり方だとは思いますが,

常に最新のICT機器を取り入れることで時代の波に,

子どもたちが取り残されないようにもしたいです。

オンラインミーティングはコロナ後も消えずに残る可能性があるので,

積極的に取り入れて使い方や注意点を校内で共有しておくといいのかなとも思います。

 

もし間違っているところがあったり,

もっと効率的なやり方があればお問い合わせより,

連絡ください。よろしくお願いします。