SASAKIの備忘録

日々の出来事や感情を忘れないように・・・

【作業効率アップ!】教員が実際にしているWindows10の設定

f:id:s-jny1993:20210221164107p:plain

教員の1日を考えると,パソコンを使って文書を作成する時間って

大半を占めますよね。そこで私自身が行っている

パソコンの作業環境の設定について紹介したいと思います。

1 デスクトップの背景

 まずデスクトップの背景についてですが,

 前までは自分で撮っていた写真にしていました。

 思い入れのあるものでなんとなく気分があがるようなものです。

 しかし,パソコンを長時間使用することで,目がやられるので,

 真っ黒に変えました。特に画像を用意することなく,

 Windows10の設定をいじるだけでできるので便利です。

 設定するとこんな感じです。

 (自宅のパソコンなので,LINEやSteamが入っています・・・)

f:id:s-jny1993:20210221155727p:plain

 ~設定の仕方~

 (1)マウスで右クリックしてメニューの「個人用設定」をクリック

f:id:s-jny1993:20210221160003p:plain

 (2)デスクトップの背景を好みの色にして終わり。

f:id:s-jny1993:20210221160207p:plain

2 タスクバー

 タスクバーとはいろいろなアイコンが並べられているゾーンのことを

 さします。インターネットを起動したり,フォルダを開いたり,

 ショートカットとして使えます。

 このタスクバーは設定も何もしないと画面の下側にありますが,

 上下左右の端どこにでも設定することができます。

 

 おすすめは上です。理由は単純でマウスの移動が最小限になるからです。

 Wordもインターネットも何でもそうですが,細かい設定はすべて上側に

 集中していますよね?そうするとキーボードで何か書いているときに

 マウスの矢印は上側にいることが多くなります。

 「Wordをしながらインターネットで調べものがしたい」となったとき,

 インターネットを開こうとマウスを下のタスクバーまで移動する必要があります。

 この手間を省くとちょっとだけ時間ができます。

 

 また,上側にすることでタスクバーのアイコンの大きさも小さくしても

 視距離をかせげているので十分に見ることができ,

 たくさんのショートカットを置くことができます。

 

 ~設定の仕方~

 (1)タスクバーで右クリック「タスクバーの設定」を開く

f:id:s-jny1993:20210221161655p:plain

〇タスクバーの設定画面

f:id:s-jny1993:20210221162107p:plain

 (2)「小さいタスクバーボタンを使う」にチェック

f:id:s-jny1993:20210221162158p:plain

 (3)「画面上のタスクバーの位置」を「上」にして終わり。

f:id:s-jny1993:20210221162411p:plain

 

3 夜間モード

 教員をしていて目の疲れがしんどくなるときが多々あります。

 できるだけ目への負担を減らすために,

 夜間モードを使うと便利です。最近ではスマホタブレットにもあります。

 特定の時間をすぎると暖色系の色合いに変えてくれるものです。

 Windows10ではクリック一つで設定を切り替えることができます。

 

~設定の仕方~

 (1)タスクバーの右端にあるメニューからサイドメニューを開く

f:id:s-jny1993:20210221162911p:plain

〇サイドメニュー,主に通知を確認できる。

f:id:s-jny1993:20210221162947p:plain

 (2)サイドメニューの「夜間モード」をクリックして終わり

f:id:s-jny1993:20210221163142p:plain

 ぜひ,一度,夜間モードを試してみてください。

 色合いに慣れるまで時間かかるかもしれませんが,

 目を守る1つの手段になります。

 

限られた時間でやらないといけないことが膨大である教員の仕事です。

作業効率を上げることは重要です。少しでも作業しやすい環境を整えて,

快適にしてほしいと思います。

 

※ このブログの写真への文字入れはすべてPowerPointで行っています。